いんたれすと通信

いんたれすと通信

旬のいんたれすと情報を日々更新^^
芸能からスポーツ、小ネタまで…
おもしろかったら笑ってやってください…
 

カテゴリー:日本代表GK西川周作

2013年09月20日

【画像、動画あり】日本代表GK川島永嗣を脅かす西川周作の経歴と正体とは?


o0600040011979385851.jpg



先日のサッカー日本代表のグアテマラ戦で起用された
西川周作(にしかわしゅうさく)選手

現正GKの川島永嗣選手の絶対王政が続くGKポジションで
川島選手がいる中での起用は意外だった方も多いでしょうね
GKというポジションはフィールド選手と違いコンバートができず
かなり熾烈な争いがある中で、なぜグアテマラ戦に起用されたのでしょうか?

経歴と今後の可能性について調べてみました^^


(経歴)
大分県宇佐市出身で現在サンフレッチェ広島所属のGK
☆所属歴
【学生時代】
 宇佐市立四日市南小学校
 宇佐FC
 1999年 - 2001年 大分トリニータU-15
 2002年 - 2004年 大分トリニータU-18
【プロ転向】
 2005年 - 2009年 大分トリニータ
 2010年 - サンフレッチェ広島
【代表歴】
 2005年に開催されたワールドユース(オランダ)で初召集され4試合フル出場
 2006年にはA代表として初選出される(出場は無し)
 2008年北京オリンピック代表に選出される(試合出場も結果は3戦全敗)
 2009年A代表としてアジアカップ最終予選の香港戦に約3年越しに代表で出場を果たす
 2010年よりワールドカップメンバーとしては選出されずに終わるが
    代表監督が岡田監督から現ザッケローニ監督に変わると召集回数が増える
    しかし、川口、楢崎が代表引退後も現正GKの川島永嗣が立ちはだかり
    出場機会は川島がいない時に出場するか川島の負傷時に出場する程度…

 2013年のコンフェデレーションズカップ、東アジアカップに出場し全試合
    無失点の好成績をおさめる

 

西川選手の魅力は高い精度を誇る足元の技術
正直控えキーパーのイメージがある西川選手ですが…
この間のグアテマラ戦ではあっと驚くプレーをみせました

前半39分相手のスルーパスをカバーした吉田麻也から
バックパスを受けた西川は、トラップをわざと大きくしてボールを左に流し、
前線に残っている相手2人をおびき寄せた。
相手2人がチャンスとばかりにプレスに来ると、
西川はちょうどその間を通して下がってきた遠藤保仁にパスを渡したのだ。

長居スタジアムにどよめきが起こったのは、
西川のプレーが危険に映ったからだろう。しかし西川は、
しっかり遠藤とアイコンタクトをしていた。
そして遠藤に渡ったボールから計10本のパスがつながって相手ゴールまで迫り
惜しくもゴールには至らなかったものの、
西川の「つなぎ」から始まった攻撃がシュートまで結びついた


GKの仕事はセービングなのはいうまでも無いですが
実力と経験がある川島永嗣をセービングだけで追い抜くのは
なかなか難しいところ、もちろんセービングも川島選手に
負けていては正GKのポジションは奪うことができないだろうが
西川選手の特徴のキーパーゾーンからのパスのつなぎで
ゴールに結びつけることができれば日本代表にとっても
大きなプラスになることは間違いないでしょう

現にザッケローに監督になってからはパスサッカーと速さを求められる日本代表
11人目のフィールドプレーヤーとしての活躍ができれば絶対王政の川島選手の
王位を崩せるかもしれない…ですね


【西川選手スーパープレイ動画】















posted by chocomarcjohnson at 01:55| Comment(0) | 日本代表GK西川周作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
デイトレード向きFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。